内科、脳神経内科、小児科
浅草のもとクリニック
〒111-0032
東京都台東区浅草3-7-7
TEL:03-5603-8808
FAX:03-5603-8809

自費診療

疲労回復・ニンニク注射(自由診療)

疲労回復点滴:2800円

ビタミンB群、ビタミンCの需要が増大し、食事から摂取が不十分になると腰痛、関節痛、肩こり、筋肉痛、神経痛が起こります。
不足したビタミンを注射で直接体内に取り入れることができます。
又、過剰に摂取しても体外に排出されてしまうので、副作用の心配もありません。

配合成分:ビタミンB1、B6、B12、ビタミンC 

にんにく注射: 2300円、(ビタミンC 混合 +500円)

にんにくの主成分であるビタミンB1の入った注射のことです。

ビタミンB1が不足すると、疲れやすさや、ふらつき、集中力の欠如、意識障害などの症状が出ます。
ビタミンB1を注射することで、神経や筋肉の働きを良くし、肉体疲労回復、腰痛、肩こりを改善させる効果が期待できます。

配合成分:ビタミンB1 

二日酔い改善点滴 2800円

肝機能をアップさせて二日酔いを改善します

配合成分:ビタミンB1、強力ネオミノファーゲンシー

認知症点滴治療(自由診療)

現在、日本で承認されている抗認知症薬は、3種類のコリンエステラーゼ阻害薬とメマンチンを合わせた4種類です。
この4種類のみで認知症の進行を抑制することは困難です。
アルツハイマー型認知症のリスク因子として、高ホモシスティン血症が近年、注目を集めています。
ホモシスティンは、必須アミノ酸のひとつであるメチオニン代謝における中間生成物です。
このホモシスティンの代謝には、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12が関与しています。
これらが不足すると高ホモシスティン血症を呈します。

なぜ高齢者は葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12が不足するのか?

高度の萎縮性胃炎、胃切除、炎症性腸疾患、腸管の外科的切除、吸収不良症候群に至らない程度の吸収障害などを合併することから
吸収障害になる場合があるからです。
腸管から直接吸収できない状態であるため、点滴により直接投与することで高ホモシスティン血症を改善することが期待できます。

採血検査:葉酸、ビタミンB12、血清ホモシスティン 12000円

●高ホモシスティン血症改善点滴 
1回2800円


配合成分:葉酸、ビタミンB12
1回の投与では改善が乏しいので、
計8回(週2回の1か月コース)がお勧めです。