内科、脳神経内科、小児科
浅草のもとクリニック
〒111-0032
東京都台東区浅草3-7-7
TEL:03-5603-8808
FAX:03-5603-8809

生活習慣病

生活習慣病とは、高血圧・糖尿病・脂質異常症・痛風といった生活習慣や体質によって起こる慢性疾患です。

生活習慣病は無症状なことが多く、病気が進行すると様々な合併症を引き起こします。

時に、脳卒中(脳梗塞や脳出血)・心臓疾患・腎臓疾患・大動脈の疾患など重篤な疾患を引き起こします。

高血圧

高血圧症は、持続的に血圧が上昇する病態で、その結果として脳血管・大動脈・心臓・眼底・腎臓など種々の循環器臓器に障害を起こします。

特に脳卒中の罹患率、死亡率は血圧と強い相関があり血圧のコントロールが重要です。

糖尿病

糖尿病は、膵臓から出るインスリンという血糖値を下げるホルモンの作用が不足して、慢性的に血糖値が上昇している状態をいいます。

糖尿病になると脳梗塞・心筋梗塞などの動脈硬化性疾患や糖尿病に特有の合併症として網膜症・腎症・末梢神経障害を併発します。

脂質代謝異常症

脂質とは、コレステロールや中性脂肪のことをさし、食生活の欧米化や過食、運動不足などいった生活習慣により引き起こされます。

コレステロールは細胞を構成する成分のひとつであり、身体に必要なものです。

悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールと、善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールの2つに大きく分けられます。

痛風

痛風とは、足の親指の付け根や足関節に炎症を起こして、強い痛みを伴う病気です。

血液中の尿酸値が高いと、関節に尿酸の血症がたまり、強い炎症を起こします。

男性に多い病気です。

頸動脈エコー

当院では、生活習慣病について採血・採尿検査だけではなく、頸動脈エコーにより動脈硬化について診断・治療に役立てています。